輸血を必要とする重症な犬の増加で献血への協力呼びかけ。JARMeC

2010年01月06日

2010年1月1日 「献血のお願い」発表

日本動物高度医療センターは、「献血のお願い」を発表した。

現在日本では、動物医療における広域で利用可能な献血システム(血液バンク)が法的に認められていない為、血液の安定確保が困難。同院では献血を目的とした動物(供血犬)の飼育をしていないことから、これまではスタッフの家庭飼育動物からの献血をはじめ、様々な施設に理解と協力を得ていた。

しかし最近、輸血を必要とする動物数が増加。二次診療施設である同院には輸血を必要とする重症な動物たちが多く来院するものの、十分な血液を確保できない状況が続いていた。

このことから、血液の安定的な確保に向けて年2回定期採血を行う献血プログラムを用意。ドナーの条件を満たした犬の献血及びドナー登録への呼びかけを開始した。

献血をした犬・猫には、特典として、血液検査結果に関する健康相談を行う他、記念品を用意。ドナー登録をした犬には、血液型を刻んだ迷子札と献血パスポートを作成し、プレゼントする。

献血またはドナー登録は前予約制。電話またはファックス、メールにて予約後、問診・身体検査・血液検査を行った上で問題がなければ採血を行う。


日本動物高度医療センター JARMeC

《関連リンク》
日本動物高度医療センター/JARMeC
【PDF】献血のお願い

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » ニュース » 輸血を必要とする重症な犬の増加で献血への協力呼びかけ。JARMeC
ニュース 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク