7歳以上は年齢と共に発症率上昇。犬の糖尿病に関する調査

2009年11月13日

2009年11月12日 「犬の糖尿病に関する調査」結果発表

アニコム損害保険株式会社は、11月14日の世界糖尿病デーに合わせて「犬の糖尿病に関する調査」を実施し、結果を発表した。

「犬の糖尿病に関する調査」は、どうぶつ健康保険共済制度契約始期日が2004年4月1日から2008年3月1日までの684,211頭の請求データを集計。犬の糖尿病について調査した。

その結果、3歳以下の犬は男女共に0.04%未満であるのに対し、7歳では0.2%以上と、年齢と共に発症率も上昇。10歳の場合、男の子は0.55%、女の子は0.99%となり、7歳以降は特に女の子の発症率が高くなる傾向があった。

また犬種別では、シベリアン・ハスキーの発症率が最も高く、0.41%。以下アイリッシュ・セッター、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア、ミニチュア・シュナウザー、バセンジーと続き、いずれの犬種も犬全体の発症率0.18%を上回っていた。

その他、糖尿病による平均通院回数は6.8回と、全疾患平均の2倍以上。他の疾患に比べて長期かする傾向がある上、平均診療単価も12,765円と、全疾患平均より高かった。

[ 犬の糖尿病に関する調査 ]

■ 犬種別発症傾向:
シベリアン・ハスキー 0.41%
アイリッシュ・セッター 0.31%
ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア 0.25%
ミニチュア・シュナウザー 0.24%
バセンジー 0.20%
■ 平均通院回数:
糖尿病 6.8回
全疾患平均 2.6回
■ 平均診療費単価:
糖尿病 12,765円
全疾患平均 8,784円
■ 1年間の診療費推計:
糖尿病 86,802円
全疾患平均 22,838円


アニコム損害保険株式会社 11月14日は世界糖尿病デー、犬の糖尿病に関する調査を実施

《関連リンク》
アニコム損害保険株式会社
→ 11月14日は世界糖尿病デー、犬の糖尿病に関する調査を実施
Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » アンケート・ランキング » 7歳以上は年齢と共に発症率上昇。犬の糖尿病に関する調査
アンケート・ランキング 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク