犬アトピー性皮膚炎治療薬「インタードッグ」高単位量製剤発売

2009年11月04日

2009年10月30日
「イヌインターフェロン−γ(組換え型)製剤"インタードッグ"の 高単位量の新製剤の発売開始について」発表

東レ株式会社は、「イヌインターフェロン−γ(組換え型)製剤"インタードッグ"の 高単位量の新製剤の発売開始について」を発表した。

同社は、2009年9月18日付けで、動物用医薬品「インタードッグ」の製造販売承認事項変更承認を取得。動物用医薬品「インタードッグ」1バイアル当たりの有効成分"イヌインターフェロン-γ(組換え型)"分量を増量した「インタードッグ 10万単位/バイアル品」と「インタードッグ 30万単位/バイアル品」を発売した。

「インタードッグ」は、イヌのアトピー性皮膚炎治療薬として販売中の動物用医薬品。カイコを用いた遺伝子組み換え技術を利用して製造するイヌインターフェロン(組換え型)製剤で、体重1kgあたり1万単位を、週3回隔日、4週間を限度として皮下に注射する。

同社は今後、「インタードッグ」と「インターキャット」の2製品を核に、犬・猫に対する動物用医薬品の品揃えを拡充。事業の拡大を目指す。


東レ株式会社 イヌインターフェロン−γ(組換え型)製剤

《関連リンク》
東レ株式会社
→ イヌインターフェロン−γ(組換え型)製剤"インタードッグ"の 高単位量の新製剤の発売開始について

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » ニュース » 犬アトピー性皮膚炎治療薬「インタードッグ」高単位量製剤発売
ニュース 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク