犬59頭突然の飼育放棄で保護活動開始。埼玉県

2009年08月21日

2009年8月 埼玉県栗橋町 犬59頭の飼育放棄で保護活動開始

NPO法人 日本動物生命尊重の会と動物愛護団体 動物の幸せを結ぶ会は、飼い犬49頭+10頭に関する突然の飼育放棄に対して、行政と協力の下保護活動を開始した。

飼育放棄された犬は、20年間、埼玉県自治体所有地で不法に飼育されていた飼い犬。現場は、49頭の犬は劣悪な環境下で狭いケージに入れられていた他、数日前に死亡した犬や白骨化した犬など数十頭分の遺体が放置された状態であった。

保護された犬たちにはフロントラインを投与し、迷子札を装着。保護現場の建物全体がねずみや蛇の住処となっている上、近隣のシェルター設置が困難なため、現場の早期引き上げにむけて犬たちの預かり先を探している

現在は一時預かり先の他にドッグフードやケージ、首輪・リード、ペットシーツ、タオル、シャンプーなどの物資、不妊手術や治療費に充てる寄付金を募集。問題の早期解決を目指し、支援を募っている。


NPO法人 日本動物生命尊重の会   動物の幸せを結ぶ会

・ NPO法人 日本動物生命尊重の会 http://www.npo-alis.org/
→ 埼玉・犬59頭 多頭飼育崩壊レスキュー 埼玉県49匹+10頭の犬の飼い主放棄現場

・ 動物の幸せを結ぶ会 http://www.satooya-tsuushin.net/

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » ニュース » 犬59頭突然の飼育放棄で保護活動開始。埼玉県
ニュース 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク