愛犬の食事状況を探るアンケート結果発表

2009年06月27日

2009年6月25日 「ペットの食事特集(ペットフードに関するアンケート)」公開

アニコム損害保険株式会社は、「ペットの食事特集(ペットフードに関するアンケート)」を公開した。

「ペットの食事特集(ペットフードに関するアンケート)」では、現在与えている食事の種類やペットフードを選ぶ基準、食事に関する悩み、ペットフードの購入場所などをアンケート。ペットの食事の現状を調査した。

その結果、ペットの食事の種類では"市販のフード"(39.3)が最も多く、次いで年齢別・品種別・目的別などのプレミアムフード(36.6%)、市販のフード+トッピング (21.4%)。手作り食は16.7%で、療法食は16.7%であった。

ペットフードの購入場所としては、ペットショップが最多の32.0%。市販のペットフードを選ぶ際の基準は、19.0%が原材料と答え、次いで栄養バランス(16.9%)、原産国(11.5%)などの回答が多かった。

愛犬の食事に関する悩みとして多かったのは、ペットフードの安全性(48.6%)や選択基準が分からないこと(15.7%)、肥満傾向にある(14.0%)など。手作り食を作る理由としては、自分で作っているため安心(59.8%)という回答が最も多く、その他、健康に良いから(52.8%)、手作り食のほうが好んで食べる(40.8%)などがあがった。

[ ペットの食事特集(ペットフードに関するアンケート) ]
実施期間: 2009年6月8日〜6月14日
有効回答数: 1,838
調査方法: 同社提供の"どうぶつ健保"契約者を対象に、インターネット上にてアンケートを実施
主な質問項目・回答(上位3つ):
■ ペットにあげている食事の種類
1位 市販のフード 39.3%
2位 年齢別・品種別・目的別などのプレミアムフード 36.6%
3位 市販のフード+トッピング 21.4%
■ 市販のペットフードを選ぶ基準
1位 原材料 19.0%
2位 栄養バランス 16.9%
3位 原産国 11.5%
■ ペットの食事に関する悩み
1位 ペットフードの安全性が不安 48.6%
2位 選択基準がわからない 15.7%
3位 食べすぎで肥満傾向である 14.0%
■ ペットの食事を手作りしている理由
1位 自分で作ると安心だから 59.8%
2位 健康によいから 52.8%
3位 手作りのほうが好んで食べるから 40.8%
■ ペットフードの購入場所
1位 ペットショップ 32.0%
2位 ホームセンター・ディスカウントストア・ドラッグストア 29.4%
3位 通信販売 27.7%


アニコム損害保険株式会社 ペットの食事特集(ペットフードに関するアンケート)

・ アニコム損害保険株式会社 
→ ペットの食事特集(ペットフードに関するアンケート)

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » ニュース » 愛犬の食事状況を探るアンケート結果発表
ニュース 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク