ペットフードに関する苦情・相談。消費生活相談の傾向公表

2009年05月28日

2009年5月14日 「犬・猫用ペットフードの安全性に関する相談」公表

国民生活センターは、「犬・猫用ペットフードの安全性に関する相談」について公表した。

「犬・猫用ペットフードの安全性に関する相談」では、犬・猫用ペットフードの安全や衛生、品質に関する消費者生活相談の傾向をまとめたもの。犬・猫用ペットフードに関する相談件数や相談事例とあわせて、相談事例にみられるペットフードの問題点や消費者へのアドバイスを公表した。

2009年4月30日までの登録分によると、2004年度から2008年度までの期間中、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)に寄せられた犬・猫用ペットフードの安全・衛生・品質に関する相談は、「ペットフードを食べてペットの具合が悪くなった」、「腐敗していた」、「異物が混入していた」等552件。犬・猫以外の動物を含めたペットフードに関する相談は974件、そのうち安全・衛生・品質に関する相談は613件であり、9割を犬・猫用が占めていた。

相談事例に見られるペットフードの問題点としては3つ。飼い主はペットフードの品質に対する関心が高く、人間用食品と同等の安全性を求めていることや、安全性及び品質について個人が相談・調査依頼できる体制が整っていないこと、ペットフードがペットの体質に合っていない場合や、与え方が正しくないと体調不良を引き起こすことが挙げられた。

消費者へのアドバイスとしては、かかりつけの獣医師を持ち、ペットの健康管理をすることや、ペットフードでペットが体調を崩した場合は獣医師に見てもらうこと、困った時は最寄りの消費者生活センターに相談することを提案。2009年6月1日から施行される「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」によって、ペットフードについて国が基準・規格、表示義務や検査体制の整備が行われるものの、困った時は最寄りの消費者生活センターに相談するようアドバイスしている。


国民生活センター 犬・猫用ペットフードの安全性に関する相談

・ 国民生活センター http://www.kokusen.go.jp/
→ 犬・猫用ペットフードの安全性に関する相談

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » ニュース » ペットフードに関する苦情・相談。消費生活相談の傾向公表
ニュース 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク