様々なリードの強度テスト結果を公開。国民生活センター

2009年05月12日

2009年4月23日 「犬用リードの強度」商品テスト結果 公開

国民生活センターは、「犬用リードの強度」に関する商品テストの結果を公開した。

「犬用リードの強度」商品テストは、2007年度に発生した咬傷事故5,500件の内1,379件が散歩中など犬をけい留しての運動中に発生していたことや、2004年度以降の5年間に、リードの破断に関する問い合わせが15件、破断が原因の危害事例が5件など犬用リードの安全性や品質、表示に関する問い合わせが28件寄せられていたことを背景に商品テストを実施。様々なリードの強度と、強度に関する表示内容について調べた。

テスト対象となった商品は、適用体重10kg以下のリール型とロープ型、20kg以下のリール型とロープ型の犬用リード18銘柄で、銘柄名と製造又は販売元、ロープ長、ロープ材質、生産国、購入価格と共に、各リードの最大荷重と破断箇所を公開。コーギーや柴犬、ダックスフンド、ダルメシアン、エアデールテリア様々な犬種20頭について、最大の引っぱり力も調べた。

破断の最大荷重に関するテストの結果、同じ適用体重のリードでも破断するまでの最大荷重にはばらつきがあり、適用体重が20kg以下と表示されている商品の中には、適用体重10kg以下の銘柄よりも小さな荷重で破断する場合もあることが判明。適用体重が強度の目安にならない場合もあった。

犬の引っぱり力は、体重の0.5から2.7倍。体重の小さい犬でも強い引っぱり力を持つ場合もあるなど、必ずしも体重に比例せず、個体差があった。リードの強度に関する表示については、使用期限の表示の有無、力が強い犬の場合の使用、ほつれなどがあった場合の使用についてなど、表示内容については銘柄間で違いがあった。

これらの調査結果をふまえ、国民生活センターからは強度に余裕のある製品の製造・販売を行うことや、強度・表示に関する規格策定の検討を日本ペット用品工業会に要望。消費者に対しては、購入の際に強度に余裕のあるものを選ぶことや、使用の際は各部を点検し、ほつれなどが目立つ場合は交換するようアドバイスも掲載した。


国民生活センター 犬用リードの強度

・ 国民生活センター http://www.kokusen.go.jp/
→ 犬用リードの強度

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » ニュース » 様々なリードの強度テスト結果を公開。国民生活センター
ニュース 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク