手術後の愛犬の眼・頭の保護に「オプチバイザー」

2008年09月30日

2008年9月29日 「オプチバイザー」 発売

株式会社メニワンは、動物病院向け新製品「オプチバイザー」を発売した。

オプチバイザー「オプチバイザー」は、手術後や外傷を負った際に着用するエリザベスカラーによって食事や水の摂取が難しい場合や、周囲の障害物によくぶつかる、自由がきかないことにイライラしてストレスがたまる、上手く歩けないなどの悩みを解消できるように開発。手術や外傷を負った後に眼や頭を保護するためのペット用フェイスガードである。

全面透明材料で製造することで広い視野を保つと共に、音が遮断されれず、湿気による感染症になり難いように耳が外にでるように設計。スポーツ時に着用する"サンバイザー(日よけ帽)"のような見た目で、「オプチバイザー」を着用したままでもいつもと同じように食事や水分を摂ることができる。

愛犬が着用時も壁や床が傷つかず、抱き上げる際も痛くないように設計。用途はエリザベスカラーと多少異なり、眼や頭を保護する役割を担っている。

その為、「オプチバイザー」は失明や視覚低下などの視覚障害を持つ犬“ブラインドドッグ”にも使用することが可能。視覚障害によって行動範囲が狭くなってしまった犬たちが、より安心・安全に行動できるように顔全体をガードしてくれる。

>> 「オプチバイザー」 詳細


株式会社メニワン オプチバイザー

・ 株式会社メニワン http://www.meni-one.com/

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » 発売情報 » 手術後の愛犬の眼・頭の保護に「オプチバイザー」
発売情報 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク