介助犬専門施設オープン目指し“タイル募金”呼びかけ

2008年05月30日

2009年4月 「中部訓練センター」 オープン(予定)

社会福祉法人 日本介助犬協会が、「中部訓練センター」のオープンを目指し、“ハートフル応援タイル募金”への協力を呼びかけている。

2008年度からスタートした中期5カ年計画、別名 ハートフル計画。その中でも大きな1つの柱となるのが、「中部訓練センター」の建設である。

現在の介助犬訓練センターは、5階建てのビルを転用。バリアフリーではないため、車椅子利用者など障害者が訪問し、訓練を受けることが難しい。

センターの機能から、現在の介助犬訓練センターでは4頭の育成犬育成が限界。より多くの介助犬育成及び介助犬訓練士の養成を目指し、計画が進められているのが日本初となる介助犬専門施設「中部訓練センター」である。

「中部訓練センター」は、2009年4月にオープン予定。2011年度までに良質な介助犬10頭の育成を目指す。

オープンに向けて社会福祉法人 日本介助犬協会では、1辺86mmの白いタイルにメッセージを焼き付けることができる“応援タイル”を用いた“ハートフル応援タイル募金”を開始。1口1000円の募金への協力を呼びかけている。

募金の際に送る応援タイルは、中部訓練センターに貼付け・保存。暖かいメッセージが施設に埋め込まれる。

>> 「中部訓練センター」、「ハートフル応援タイル募金」 詳細


社会福祉法人 日本介助犬協会 中部訓練センター

・ 社会福祉法人 日本介助犬協会 http://www.s-dog.jp/

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » オープン情報 » 介助犬専門施設オープン目指し“タイル募金”呼びかけ
オープン情報 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク