発生から50日。動物救済本部の活動状況

2007年09月07日

2007年9月5日 新潟県中越沖地震動物救済本部 活動状況発表

新潟県福祉保健部生活衛生課が、2007年9月4日現在の新潟県中越沖地震被災動物救済本部の活動状況について発表した。

2007年9月4日で7月16日の発生から50日となった新潟県中越沖地震後の新潟県で、現在も被災動物及び飼い主の支援を行っている新潟県中越沖地震動物救済本部の活動状況を発表。

2007年7月27日から随時最新版を掲載している"新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について"の最新版資料が公開された。

公開された"新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について"では、これまでに犬の飼育に関する相談が合計175件あり、2007年8月29日の資料から脱出届け2件が増加。

被災動物の一時預かりは、2007年8月29日から1頭減って15頭であった。

今後も新潟県中越沖地震動物救済本部では、仮設住宅での動物飼育がスムーズに行えるにペットフードやペットシーツ等を提供すると共に、飼育ケージの貸出し、動物のしつけや飼い方に関する相談などの受付・支援を続けていく。

>> 「新潟県中越沖地震動物救済本部の活動について」 詳細/PDF


新潟県

・ 新潟県 http://www.pref.niigata.jp/

・ 新潟県 被災動物支援
http://www.pref.niigata.jp/fukushihoken/seikatueisei/syokuinfo/
08saigai/dobutsu/index.html

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » ニュース » 発生から50日。動物救済本部の活動状況
ニュース 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク