愛犬の身元確認に。普及が進むマイクロッチップ

2007年08月31日

2007年8月30日
「動物種別・犬種別マイクロチップ装着率」 発表

アニコム インターナショナル株式会社が、「動物種別・犬種別マイクロチップ装着率」の調査結果を発表した。

今回アニコム インターナショナル株式会社は、2007年8月1日現在、同社が提供する"どうぶつ健保"に加入している犬1000頭以上を含む、猫や鳥、うさぎなどの動物全274104頭を対象にマイクロチップに関するデータを集計。

各動物種別と、犬のみを対象にした犬種別のマイクロチップ装着率を発表した。

犬や猫をはじめとした動物種別のマイクロチップ装着率では、2007年の犬のマイクロチップ装着率が2006年の26倍となり1位。

2006年は0.07%だったのに対し、2007年は1.85%まで増加しマイクロチップの普及が進んでいることがうかがえる。

また犬の中でも各犬種別に調査した結果、最もマイクロチップの装着率が高かった犬種は"チワワ"。

1位のチワワのマイクロチップ装着率2.91%に続いて、2位のアメリカンコッカースパニエルスパニエルは2.45%、3位のイタリアングレーハウンドは2.36%という結果であった。

その他動物病院向けのニュースレターアンケートを通して、マイクロチップの必要性や装着を勧めているかどうか、マイクロリップリーダー(読み取り機)を持っているかについて調査。

その結果、2005年と比較してマイクロチップは必要との回答は3%増加の93%、装着を勧めているとの回答は5%増加の40%、リーダー(読み取り機)を持っているとの回答は23%増加の77%であった。

[ 犬種別マイクロチップ装着率 ]
1位 チワワ (2.91%)
2位 アメリカンコッカースパニエル (2.45%)
3位 イタリアングレーハウンド (2.36%)
4位 トイプードル (2.28%)
5位 ミニチュアシュナウザー (2.16%)

>> 「動物種別・犬種別マイクロチップ装着率」 詳細


アニコム インターナショナル株式会社 動物種別・犬種別マイクロップ装着率

・ アニコム インターナショナル株式会社
http://www.ani-com.com/company/index.html

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » ニュース » 愛犬の身元確認に。普及が進むマイクロッチップ
ニュース 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク