ペットフードに含まれるメラミンとシアヌル酸の化学反応

2007年05月02日

2007年5月1日
ペットフードリコール問題 メラミンとシアヌル酸の化学反応が原因か。

American Veterinary Medical Association(AVMA/米国獣医師会)は、リコールされたペットフードを食べた犬・猫の死亡に、ペットフード中に含まれるメラミンとシアヌル酸による化学反応が関係している可能性があること伝えた。

AVMA(米国獣医師会)は、原材料の一部からメラミンが検出され、リコール対象となったペットフードを食べた犬・猫の剖検から、メラミンとシアヌル酸の化学反応が関係している可能性があることを発表した。

今回の剖検でAVMA(米国獣医師会)は、小麦グルテン・ライスプロテイン濃縮物・コーングルテンなどからメラミンが検出されたのと同様に、死亡した動物の尿サンプルからシアヌル酸を検出。

メラミンとシアヌル酸の化学反応によって結晶が作られ、腎臓の機能を阻害された可能性があることを伝えた。

また、リコール対象のペットフードによる影響を受けていたとみられる動物たちの腎臓内にあった結晶を分析したところ、シアヌル酸70%とメラミン30%で構成された極度の不溶性物質であることが判明。

AVMA(米国獣医師会)が、猫の尿サンプルにシアヌル酸とメラミンを混ぜ、実験を行ったところほぼすぐに動物の腎臓内にあった結晶と同一の結晶が形成された。

この他、シアヌル酸以外にも"ammelide(アンメリド)"と"ammeline(アンメリン)"2種類のメラミンも、今回のリコールペットフードによる動物の死亡・病気の発病原因など、なんらかの関係性があると見られており、現在研究が進められている。

>> メラミンとシアヌル酸の化学反応とペットフードリコール問題 詳細(英語)


・ American Veterinary Medical Association (英語) http://www.avma.org/

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » 海外情報 » ペットフードに含まれるメラミンとシアヌル酸の化学反応
海外情報 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク