涙と笑いの11年。脚を失った捨て犬"タロー"の姿を描く

2007年04月27日

2007年4月27日 「障害犬タローの毎日」 発売

原因不明の難病で脚を失ってしまった犬"タロー"と飼い主で獣医師の小森泰治さんがこれまで過ごした11年の日々を振り返るノンフィクション「障害犬タローの毎日」が、株式会社アスペクトから出版された。

障害犬タローの毎日新たに出版されたのは、福岡県宗像市に住む赤毛の雑種"太郎"と、動物病院で働く飼い主の小森泰治獣医師が涙と笑い、周りの支えの中で生きてきたこれまでの犬生を振り返る「障害犬タローの毎日」。

原因不明の難病から、生後1年目にして4本全ての脚と両耳、尻尾を失った"太郎"の半生を写真と文章で描くノンフィクションストーリーである。

手術から10年が過ぎ、脚を失った太郎は以前のように走りまわることができず、安楽死さえも考えられた。

それでも太郎は、小森さんをはじめとする動物病院のスタッフや仲間の犬・猫に支えられながらマイペースに暮らしている。

そして障害を抱えた体で、小森さんと共に地元の小学校で「いのちの大切さ」を伝える授業を行っている。

毎日ごく普通にのんびりとマイペースに生きる太郎の姿が元気を与え、"生きることの素晴らしさ"を教えてくれる。

涙と笑い、人と犬の交流から"命の大切さ"を伝える愛情物語である。

>> 「障害犬タローの毎日」 詳細


・ 株式会社アスペクト http://www.aspect.co.jp/np/index.do

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » 発売情報 » 涙と笑いの11年。脚を失った捨て犬"タロー"の姿を描く
発売情報 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク