リコール ペットフードの原料から駆除用毒物を検出

2007年03月24日

2007年3月23日 Menu Foods(メニュー・フーズ社)の原料から毒物検出

New York State Department of Agriculture&Marketsは、大規模のペットフード リコールが実施されているMenu Foods(メニュー・フーズ社)から提供されたサンプルにネズミの駆除剤に使用される殺鼠成分を検出した。

アメリカ・カナダで販売されていたペットフードを対象に95ブランド、60million(6000万)個の缶が回収されたペットフードのリコール問題に新たな発見が報告された。

New York State Agriculture Departmentは、ペットフードのリコールに伴い原因究明の調査を進めていたところ、Menu Foods(メニュー・フーズ社)からサンプル原料として提供された中国産 小麦粉の中からネズミ駆除剤に使用される殺鼠成分"Aminopterin(アミノプテリン)"と呼ばれる毒物を検出した。

Aminopterin(アミノプテリン)は、米国内でも使用が禁止されているネズミ駆除剤に殺鼠剤として使用される化学物質である。

しかし、現在のところどのようにしてAminopterin(アミノプテリン)が小麦粉に混入したかの経緯は分かっていない。

また、リコールされたペットフードから検出されたのがAminopterin(アミノプテリン)のみかどうかについては明らかになっておらず、FDA(米国食品医薬品局)は中国から輸入された小麦粉についてフォーカスして検査を行う。

>> リコールペットフードから検出された毒物に関する報告(英語)

今回のペットフードのリコールから、最低でも15匹の犬・猫がペットフードによって死亡したことが報告されており、Menu Foods(メニュー・フーズ社)は、リコール対象のペットフードが原因でペットが死亡したと証明された場合にはペットの死亡に対する支払いを行うと発表している。


   

・ Menu Foods (英語) http://www.menufoods.com/index.html

・ New York State Department of Agriculture&Markets (英語) http://www.agmkt.state.ny.us/

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » 海外情報 » リコール ペットフードの原料から駆除用毒物を検出
海外情報 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク