血液提供で犬たちを助ける地域で人気のドナー犬

2007年02月28日

愛知県一宮市 「ときのしま動物病院」の人気犬 "華(はな)ちゃん"。

ときのしま動物病院で飼われている"華ちゃん"は、これまでに病院を訪れた犬たちの手術に必要な血液を提供してきたドナー犬(供血犬)である。

犬の血液型は人よりも多いものの、最初の1回の輸血に限り適合範囲が広いことから、多くの動物病院ではドナー犬と呼ばれる供血犬を飼育し、最低でも3ヶ月の間隔をとって採血。

採血後は、高栄養食や点滴によってしっかりと静養させる。

大型犬の方が採血できる血液量が多いことから、大型犬がドナー犬として飼育されている場合が多く、日頃の健康管理に注意を払って飼育されている。

また、千葉県千葉市では千葉市獣医師会が飼い主をネットワーク化し、"血液バンク登録制度"を設け、輸血に必要な血液を集めている。

そして、愛知県にあるときのしま動物病院で輸血に必要な血液を提供するドナー犬(供血犬)の役割を担っているのが、メスのフラットコーテッド・レトリバー "華ちゃん"(4歳)である。

華ちゃんは、これまでの3年間で9回血液を提供し、輸血が必要だった犬たちを助けてきた。

そして、輸血を受けた飼い主から感謝されると共に、華ちゃんの役割を知った人の中には食べ物を持参する人もいるほど。

自らの血液を提供し他の犬たちを助ける華ちゃんに、感謝の気持ちと、来院するさまざまな愛犬家から人気が集まっている。


・ ときのしま動物病院 http://www.tokinoshima-ah.com/

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » ニュース » 血液提供で犬たちを助ける地域で人気のドナー犬
ニュース 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク