絵手紙の楽しさと介助犬の大切さを伝える

2007年02月27日

2007年2月25日 「介助犬たんぽぽとほのぼの絵手紙」 開催 徳島県

徳島県で補助犬無償貸与制度に選ばれ、四国初の介助犬"たんぽぽ号"と共に暮らす色鉛筆画家川上和彦さんが、美術講座「介助犬たんぽぽとほのぼの絵手紙」を開催した。

今回、3歳7ヶ月のラブラドール(メス)のたんぽぽ号と共に講師として参加した川上和彦さん。

講座を通して"地域の人々に絵手紙の楽しさを伝えたい。"そして、介助犬への正しい理解を広めたいという思いから今回、講座の講師を引き受けた。

"色鉛筆画は自分自身を表現できる生きている証"と話す川上さんは、多発性硬化症という難病と闘い、介助犬たんぽぽ号と共に車いすで暮らしながら、色鉛筆を駆使した50点以上の絵手紙を描いている。

そして、車イスで色鉛筆画を描く際に色鉛筆を床に落としてしまい、拾うことも困難な場合はたんぽぽが拾い、支え合いながら介助犬との生活を送っている。

講座では絵の描き方を教え、絵手紙の楽しさを伝えると共に、たんぽぽにさまざまな指示を与え、介助犬としての普段の仕事ぶりを披露。介助犬への理解を広め、支援を訴えた。

また、今後も体調がよければ講座を続け、絵手紙の楽しさと介助犬への理解を広めていく。

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » イベント情報 » 絵手紙の楽しさと介助犬の大切さを伝える
イベント情報 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク