犬と飼い主の"お見合い"で富山県が新規事業開始

2007年01月31日

「わんわんパートナー(成犬譲渡)事業」 開始 富山県

富山県で今年度から新たに、6歳までの成犬と新しい飼い主を"お見合い"する新規事業「わんわんパートナー(成犬譲渡)事業」を開始した。

"より多くの命に新しい生活を見つけるために。"

これまで保護・引き取られた犬の中から、子犬に限って新しい飼い主のもとに譲渡されていた富山県で、新たに6歳までの成犬も譲渡する新規事業「わんわんパートナー(成犬譲渡)事業」を立ち上げ、より多くの命ある犬たちに新しい家庭を探す。


富山県内の構成センターと支所、富山県保健所で昨年捕獲された犬は330匹。その他、230匹が引き取られ、交通事故で負傷した10匹が収容された。

そのうち95匹が新しい飼い主に引き取られ、168匹が元の飼い主の元に戻ったが、残りの307匹は処分。

そこで、動物愛護の観点から改めて見直し、健康状態や性格を十分チェックして、問題のない6歳までの成犬の譲渡をすることを決めた。

保護・引き取られた犬は、十分に健康状態や性格などをチェックされ、問題がない場合新たな飼い主を探し、"お見合い"する。

成犬の譲渡を受けるには、まず厚生センター又は動物管理センターで、成犬の譲渡を希望する旨の登録をし、動物管理センターでマッチング(お見合い)をする。

譲渡が決まると、犬の適正な終生飼養管理や狂犬病予防法に基づく犬の登録及び狂犬病予防注射の接種などを確認。誓約書にサインして新しい犬を引き取る。

>> わんわんパートナー(成犬譲渡)事業 詳細



・ 富山県 http://www.pref.toyama.jp/

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » ニュース » 犬と飼い主の"お見合い"で富山県が新規事業開始
ニュース 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク