犬の係留時間とマイクロチップを取り締まる新法律 米国

2006年12月31日

2007年 犬の飼育に関する法律に追加項目 米国カリフォルニア州 オークランド

犬を飼育する際、今後、飼い主に新たな"責任"が課せられる。

犬の係留時間と、マイクロチップの装着。

犬の性格や社会化に影響を与えると考えられる"犬の係留時間"と、犬の証明書としての役割を果たすマイクロチップの装着が、アメリカ カリフォルニア州 オークランドで犬の飼育に関する法律の新たな項目として取り締が開始する。

「犬をつないでおく(係留する)のは3時間まで」

長時間犬をつないでおく(係留する)ことは、人を噛むなどの攻撃的な性格を形成しやすく、十分な社会化ができないことが多いということから、犬をつないでおく時間の規制が敷かれることとなった。

犬たちは長時間つながれていると退屈する上、つながれている犬たちの多くは自由に飲み水を飲むことができなかったり、自由にベランダの下に隠れたり好奇心や生活のリズムを制限されてしまう。

そのため、犬をつないでおく時間は3時間までに規制し、違反した場合には犬1匹につき$250以下の罰金や、確信的な有罪に関しては犬1匹につき$1000以下の罰金や6ヶ月以下の拘置などが科せられる。


また、登録を行っている犬、全てに「マイクロチップの装着」が義務付けられる。

これまでにもオークランドではマイクロチップの装着に関する条例によって、取締りが行われてきたが、登録から1年は取り締まりの適用除外となっていた。

しかし今回、既に登録を行っている犬は2007年1月までにマイクロチップを装着することが義務化。

マイクロチップは、迷子になった犬や犬が盗まれた際などの他、ハリケーンなどの天災後の身元確認として役立つ。

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » 海外情報 » 犬の係留時間とマイクロチップを取り締まる新法律 米国
海外情報 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク