被災犬を減らしたい・・・「災害特集 神戸からの願い」

2006年12月29日

2007年1月10日 震災12年目 もしもの時の被災犬・被災猫を減らしたい
復興地から発信「災害特集 神戸からの願い」サイト公開 GREEN DOG(グリーンドッグ)

阪神・淡路大震災から12年目となる来年の1月17日に向けて、"被災犬・被災猫を少しでも減らすたい"
願いが込められた災害特集ページが公開される。

"も し も、"

1995年(平成7年)1月17日(火) 午前5時46分52秒

誰もが予測などしていなかった朝、阪神・淡路大震災は発生した。

6,436名の死者と、43,792名の負傷者。

道路・鉄道・電気・水道・ガス・電話などのライフラインは断たれ、多くの被害をもたらした直下型の大地震は、人だけでなく多くの犬や猫たちにも多大な影響が与えていた。


被災推計頭数 犬:4300頭 猫:5000頭

愛犬と暮らす人たちに突然襲い掛かった災害。多くの避難施設は犬・猫の受け入れ態勢が整っておらず、緊急事態への十分な備えがない状態であった。

阪神・淡路大震災の復興地である神戸から、GREEN DOG(グリーンドッグ)は、また同じ事態が起きないよう、"もしも"の時の被災犬・被災猫を救うための備えを促す情報と物品を提供。

発生してからでは遅い、"備える"ことの大切さを伝えてゆく。


・ GREEN DOG(グリーンドッグ) http://www.green-dog.com/index.html

Yahoo!ブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに追加   はてなブックマークに追加はてなブックマークに追加   メールで友達に知らせる友達に知らせる
気になるみんなの【考え】がわかる「01アンケート」開催中
スポンサードリンク
トップ » オープン情報 » 被災犬を減らしたい・・・「災害特集 神戸からの願い」
オープン情報 」内でこんな記事も読まれています。

01サービス(配信終了)

メールマガジン
RSSフィード
ブログパーツ
ニュース推薦

スポンサード リンク

新着ニュース画像

重要なお知らせ
犬の殺処分後に飼い主判明の事例も。行政施設における犬及び猫の引取りに関する調査
愛犬同伴OK。南青山で第1回 CHARITY FOR DOGS開催
愛犬と参加。阪急ハロードッグ 老犬リハビリテーション講習会
動物と人が共存する健康な社会をテーマにシンポジウム開催
アリアンツとBMWがコラボ。BMWグランツーリスモオーナーにペット保険を提供
アニコムホールディングスが東京証券取引所マザーズ市場上場
愛犬と雪遊び。いぬのきもちコテージに泊まるスノーツアー開催
ソルビダといつものドッグフード食べ比べ!動画共有サイト「SOLPA」

スポンサード リンク